クマノミ

沖縄の青の洞窟でのダイビングの魅力

1年前に沖縄旅行に行った際、青の洞窟でダイビング体験をしました。沖縄の青の洞窟はダイビングスポットという事もあり、1度は海中の綺麗な世界を味わいたいと思いダイビング体験に参加しました。基本的に持ち物は業者の方が用意してくださるので、持ち物は水着、サンダル、タオルといった海に遊びに行くだけの軽装で大丈夫でした。まず実際にダイビングを行う前に講習があります。担当の男性の方が冗談交じりに講習をしてくれるのでとても楽しかったです。海中でのジェスチャーの説明や呼吸のやり方が主な講習内容で耳抜きが結構苦戦しましたが、慣れてしまえば実生活でも使えたりするので凄く便利です。
講習が終われば船に乗って青の洞窟近くに行きます。驚いた事は海中に入る時は座ったままインストラクターの方に前から押され後ろから落ちる様な体勢で海中に入ります。そこからインストラクターの方がすぐに来てくれて海中での呼吸の確認後、青の洞窟に向かいます。
クマノミに餌をあげるとクマノミが寄って来たり、魚の群れを目の前で見ることができ、幻想的な時間を過ごすことが出来ました。ダイビング終了後は陸に戻りインストラクターの方と談笑して終了となります。持ち物を考えずにダイビング体験ができるので沖縄に行かれた際には是非、幻想的な世界に触れられるダイビングをオススメします。

沖縄の青の洞窟が青い理由と自然の奇跡

私は昨年の夏に沖縄の青の洞窟に行ってきた時の体験を話したいと思います。沖縄の青の洞窟はすごい神秘的な青がいつまでも続いているという夢の世界のようでした。そこで、青の洞窟はなぜ青いのか気になったので調べてみましたがこんなことがわかりました。
まず一つ目「太陽の効果」太陽は紫、赤、橙、黄、緑、青、藍という7つの光(虹色)で出来ていいるんです。私たちが普段見ている色はこんなにあるんですね。それが、海では青色は吸収されにくいので青が海の中に残るから起きる現象なんです。「じゃあ、他の6色はどこにいったの?」という疑問があるかもしれませんが、それはただ海に吸収されているだけなんです。なので綺麗な水ならばより一層美しく綺麗に見えるんです。
二つ目は「底の反射効果」です。海の底は石灰質で白いんです。なので、そこに太陽の光の青は反射して綺麗に光るんです。底にある石までが効果を出しより海が美しく見えるようにしているなんて、自然ってすごいと思いました。そんな素敵なものが、日本でも一箇所だけではなく他にもあるのです。こんな奇跡な現象が日本でも沖縄だけではなく各地で見られるようなところがあると思うと素敵ですし、私たちが普段見ている人工的なものと何か違うというものを感じるのは、こんな自然だけの力が伝わってくるからだと実感できました。

沖縄の青の洞窟でのダイビング

去年の11月、沖縄の青の洞窟でダイビングをしました。シュノーケリングは以前にやったことがありましたが、ダイビングは初挑戦だったので緊張しましたが、海へ入る前に浅瀬で練習がありましたし、いざ海へ入ってもインストラクターの方が常に一緒にいてくれるので安心して潜ることが出来ました。
沖縄の青の洞窟は本当に綺麗で、水面から海底まで透き通った光が揺れているのをはっきり見ることが出来ます。珊瑚礁にはたくさんの魚がいて、有名なカクレクマノミもたくさん発見しました。インストラクターの方が文字盤を持っていて、何か珍しいものや有名なものがあるとそれに書いて説明してくれます。ただ海を見て回るだけではなくたくさんのことを教えてくれるので楽しみながら泳ぐことが出来ました。
一番印象に残っているのは、海底から水面を見たときの光景です。もちろん初めて見る景色でしたし、いつもはまぶしくて見ることが出来ない太陽の光を海の中から眺める不思議な光景や、揺らめく光の中を自分の吐いた泡が水面へと昇って行く様子はどれだけ見ていても飽きません。無音の中ただ仰向けになって水面を眺めていると、周りに何もなく自分ひとりになったような気がします。でも、それが嫌な孤独ではなく、光があるからか水の感触があるからか、なんだかほっとする不思議な感覚でした。
今回は青の洞窟でしか潜れませんでしたが、次に沖縄に行った時には他の場所でのダイビングを楽しみたいです。

沖縄で人気の青の洞窟が綺麗な青色の理由について

沖縄県の青の洞窟はご存知でしょうか。沖縄の青の洞窟は、シュノーケリングやダイビングでとても人気のスポットです。特に、あの深みのある青色が特徴です。しかし、青の洞窟はなぜあんなにも青いのでしょうか。その前に、海が青く見える理由をご紹介します。 太陽の光は、赤橙黄緑青藍紫の7色で構成されています。例えると、虹の色が分かりやすいのではないでしょうか。その中でも青色は、水に吸収されにくい性質を持っているので、太陽の光が水の中に入ると、青色以外の6色は吸収されてしまいますが青色は吸収されずに、綺麗な青色の海に見えるのです。そして、青の洞窟が青く見える理由は、海底の色が影響しています。石灰質の白い海底によって、ライトアップしたような鮮やかな青色に映っているのです。 また、洞窟の入り口から太陽の光が入ることにより、青色をより綺麗な色にしています。沖縄県の青の洞窟は、数々の奇跡が重なってできた奇跡の洞窟ともいえるでしょう。透き通るように綺麗な青色は、ダイビング中とても神秘的で心が浄化されます。さらに、青の洞窟は時間帯によって見え方が変わってきます。7時~10時はエメラルドグリーンに、11時~14時はブルーに、15時~16時は濃いブルーに見えます。このように、色々な時間帯に行って、青の洞窟の色を楽しんでみるのも良いです。

ピックアップ

カヌーで沖縄の青の洞窟に行ってきました!

ずっと行きたかった沖縄の青の洞窟。前回は大潮と重なり、写真で観るような景色に出会えなかったのでリベンジです。ウェットスーツに着替え…

もっと読む

沖縄の青の洞窟が青いのはなぜ?

沖縄県の那覇空港から車で約一時間の場所にある、恩納町の真栄田岬。ここにある「青の洞窟」は多い日には1日1000人以上もの観光客が訪…

もっと読む

絶対離島!沖縄ダイビングお勧めスポット!

ダイビングを始めたばかりの人は、まだまだ免許の練習段階で綺麗な海に潜った事は少ないのではしょうか。深く潜れる様になった時の初めての…

もっと読む

ダイビングをする前に準備することは

ダイビングの時に必要なものは、水着、バスタオル、サンダル、着替え、日焼け止めです。水着は、男性なら、ウェットスーツを着やすい身体に…

もっと読む